読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹色あふろの想像的破壊ぶろぐ

人生死ぬまで遊び尽くす‼︎‼︎そのために生まれてきたんだ‼︎‼︎そんなことを日々感じながらもたくさんの人や出来事に自分が破壊されて誰よりも優しくみんなと手を取り合いながら遊んで行く虹色ヒーローの物語です♬

いつも破壊し続けて生まれ続けている想い

「うわー!生まれてきて良かった\(^o^)/」
と過去も現在も未来の人や動物や自然や物すべての命がそう思える世界を俺が観たいしこれからの子どもたちが夢を描けるようにしたいから
そのために命を使うから

なにか気づいて欲しいから愛を込めて伝える

地球や日本が取り戻せない崩壊まで後少しなんだ
台風も地震津波も人工的に起こせるし、自然発生だと思ってた災害も人工的に起こされてないものでも人が工場や利益の為に追求した結果という人災であったことも今まで学んできた教育の裏側、それに付随した国の成り立ち、そしてこれから世界がどう進んでいくのかということを踏まえて自分の目で見た今回の熊野、四日市、名古屋と出張だけでも周り目の当たりにした現実

人の業がそうさせていったのか
人の弱さがそうさせていったのか
利益だけを求めるグローバル資本主義社会
なにかを得る為になにかを棄てている
棄てたものがどうなるかも分かった上で棄ててその結果を知らせずにいる

その結果として自然崩壊が起き自然崩壊が起きるから今世界的に問題とされている問題が大きくなり手のつけられない崩壊一歩手前まで来ている

戦争や飢饉、テロ、病気などの人が悲しむものはもちろんこれだと自然や地球がかわいそう
せっかく人に住む場所も食べるものもすべて与えてくれてるのにそれをただ搾取するだけで地球になにも返そうとしていない
人はなんのために生まれていてなんのために地球にいるのか
自然や動物は地球のシステムという循環のサイクルに入ってるが人は入っているのか
今人だけが利益を求めてる世界を見て愕然とする
人が人の為にしてるのはもちろん大切だしそこがあった方が自然や地球に向けて動きやすくなる
だけど人が人の為にしてるのをそこのゾーンだけでしか見てないものだと今のグローバル資本主義社会になってしまってたくさんの問題が現に起きている
だから自然のシステムで社会を創り上げることが大切

そして自然のシステムなら今まで少なからずとも何千年も続いてるんだからここを回復していけばそう簡単には崩れない
今を見たら崩れるものばかり
ビルや株や人間関係やそれらのことでみんな悩んでる
もうその悩みを未来に引き継がせたくない
小さい子どもと関わったりしてもこの子たちにちゃんとしたものを残したいってなる

80代に告ぐ
あとは死ぬだけなんだからどう死にたいか表現して花火のようになれ

70代に告ぐ
安定の死を選ぶんじゃなくてまだまだ今の年寄りは動くんだから頑固なりに伝えれるものを考えて動け

60代に告ぐ
社会を創り上げてる力のある世代
その力をどう方向に使うのかそしてどう伝えていくのかが大切だ
若者は頼りにしてる

50代に告ぐ
しごとバリバリで来た世代
今こそ柔軟に思考して経験を活かす時
そのあなたしかない経験は大切な宝物

40代に告ぐ
もっと気張らないと何も残せないよ
ここで本気にならんと最後までずるずるいってしまうよ
上の世代との架け橋になってよ

30代に告ぐ
これからのリーダーとして引っ張っていく背中を見せてくれ
自分のスタイルが見え始めて動いてる

20代に告ぐ
俺ら20代がやらないと世界が変わらないんだよ
今本気でなにが実時間で世界のためであり自分のためであるか見極めて今を生きる世代
もちろん我武者羅にやるんだよ
経験もないしだから説得力もないしだけど夢と希望が溢れてる体力もあるそんな俺らが未来を見つめなかったら世界は変わらないんだよ
誰かがやってくれるわけじゃない俺らがやるんだよ
今までの社会をつくってきた上の世代にも文句は腐るほどある
ゆとり世代って言われてるのは今までの上の世代がつくってきたものだ
その尻拭いを俺らが悪いなんて言うのはほんとにクソ
けどおれらはそのうんこをうんこにしないでトイレにするぐらいのことをする
けどうんこのままの社会じゃうんこにしかならないからまず目を覚ませよってこと
そこの音頭は俺がとりたい
誰もいないなら自分が背負う
わっしょいってこういうことの意味もあると思う
俺は上の世代が残してきたものも背負いたい
誰かやらなくても俺はやる
やりたいからやる
それ以上でもそれ以下でもない
自分の弱さを噛み締めながら一歩ずつ進んでいこう
そしてどの世代から憧れるような人であろう
けど1人で遊ぶのはつまらないからみんなも遊ぼう
俺はみんなと遊びたいから
そんな世界をつくりたい

そして10代や未来の人に告ぐ
みんなが幸せになれる世界をつくっていくから一緒に楽しく一杯やろう!

こんな偉そうに書く俺はなんなんだ(笑)
最近は今までの夢だけを描いてただ追い求めていた自分と現実と向き合って学んでる自分がやっと混じり合って伊藤駿を生きようとしてる
それは同時に自分の命じゃないところを生きようとしてるんだなと
だから今死んだとしたら俺はそこまでの人だし
もし死ななかったらまだまだやることがあるんだなということ
ようやく現実を生き始めてきた
ファンタジーも生きてるし現実も生きる
どちらも生きよう
人は夢であり愛であり人である